低血圧の原因は?どんな症状?改善するには?

低血圧とは

低血圧とは、WHOの基準では、血圧の高い方(収縮期血圧)が100mmHg以下で、低い方(拡張期血圧)が60mmHg以下のことを言います。ただし、日本の医学界では、はっきりした基準がなく、医師によって、多少基準が違うようです。

高血圧の場合のように、生命に関わる病気につながることは無く、低血圧だからと言ってすぐに治療の必要はありませんが、人によっては、さまざまな症状に苦しめられることがあり、その場合にはなんらかの処置をすることがあります。

 

低血圧の種類

低血圧を原因によって区分すると、次の2種類となります。

症候性低血圧症(二次性低血圧症)

低血圧の原因がはっきりしているものです。内臓の疾患・薬の副作用・ホルモンの異常・腎臓透析・大量の出血などで引き起こされます。

慢性の内臓病や薬の影響での低血圧の場合は、めまいやだるさといった症状が現れます。

怪我からの出血のような急性の低血圧の場合は、ショック症状(生命が危険な状態)や意識の障害・手足のしびれのような症状が現れます。

本態性低血圧症(一次性低血圧症)

特に病気はないのに、体質により慢性的に血圧が低いものです。低血圧症の9割がこれに当てはまります。

特に症状がないことも多いのですが、血行が悪いせいで、次のような症状が出ることがあります。

・めまい

・立ちくらみ

・だるさ、倦怠感

・頭痛、偏頭痛

・動悸、息切れ、不整脈

・冷え性、寒がり

・肩こり

・食欲不振、吐き気、下痢、便秘

・朝に弱い

・不眠

・発汗

低血圧を、症状の現れ方で区分すると、次の様なものがあります。

起立性低血圧症(脳貧血)

急に立ち上がったときなどに、血圧が下がり、目の前が暗くなって、血の気が引く症状です。めまいがしたり、ふらついたりします。

いわゆる「立ちくらみ」のことです。

高血圧の人でも、急に血圧が下がると、この症状が出ることがあります。

貧血と混同されることが多いですが、全く違うものです。

→参考記事:貧血の症状は?改善するには?間違えやすい病気とは?

原因としては、加齢や心臓の働きの衰えで、血圧を調整する機能が低下することによることが多いです。それ以外にも、高血圧の治療に使われる利尿剤の副作用や、糖尿病による神経障害、疲労、脱水症状、体温の上昇による静脈の拡張、脂っこいものの食べ過ぎで腸に血液が集まったことなども原因となります。

食後低血圧症

食事をすると、消化のために、消化器の血流が増大します。そのままでは心臓の血液が減って血圧が下がってしまうので、人体には、心拍数を上げて血圧を正常に保とうとするメカニズムがあります。ところが、加齢や糖尿病による神経障害のせいで、自律神経がうまく機能しない場合は、このメカニズムが作動しないで、食後に急に血圧が下がってしまい、めまいやふらつきがおこることがあります。

高血圧の人が、食前に降圧剤を飲んでこの症状が出ることもあります。

食後低血圧症かどうか判断するには、食事後1時間ころの血圧を測ります。普段より20mmHg以上血圧が下がっていたら食後低血圧症の可能性があります。

 

低血圧の改善法

スポンサードリンク

症候性低血圧症の人は、原因となっている病気の治療をしましょう。

ここでは、本態性低血圧症の改善法を説明します。

食事の注意

低血圧の人は、食欲がないからと言って、あまり食事をしない傾向があります。特に、朝に弱いので、朝食を抜くことが多いようです。

これでは、栄養バランスが取れず、低血圧が悪化してしまいます。朝はちゃんと起きて、3食しっかりと食べるようにしましょう。

特に、肉や魚・卵・乳製品等の動物性タンパク質や大豆等の植物性タンパク質を積極的に取るようにしましょう。

野菜や海藻類から、ミネラル分を取るのも大事です。

ある程度の塩分も必要です。ただし、取りすぎると、かえって高血圧になったり、腎臓にダメージをあたえたり、不整脈の原因になったりするので、ほどほどにしておきましょう。

血液を増やすためにも、水を一日1~2ℓ飲むようにしましょう。ただし、無理は禁物です。

食後低血圧症の人は、食後にコーヒーやお茶等のカフェインを取ると良いといわれます。

反対に、お酒は、血圧を上げるようなイメージがありますが、実は、血管を広げて血圧を下げるので、注意が必要です。

また、タバコも血行を悪化させるので、控えるようにしましょう。

適度な運動

低血圧の人は、血行が悪くなりがちなので、ウォーキング・軽いジョギング等で、全身の血の巡りを良くしましょう。

特に、ふくらはぎは、下半身に血を行き渡らせるポンプの役割をもっていて、「第二の心臓」ともいわれますので、ふくらはぎを鍛えることが効果的です。階段の上り下りや、適当な台を使った踏み台昇降等も良いですね。

運動をした後は、脱水症状にならないよう、充分に水分を補給しましょう。

マッサージもしてみましょう。

人混みを避ける

低血圧の場合、人混みや暑いところで、症状が悪化しがちです。できるかぎり、そういうところは裂けるようにしましょう。

サプリメントを摂る

プロポリスは、含まれているフラボノイドが血行改善対策になるといわれます。

特に希少な赤プロポリスも含むこんな製品を試してみてはどうでしょう。

 

低血圧の治療

低血圧症の症状がひどいときは、循環器科か内科の先生に診てもらいます。

生活習慣の改善指導や投薬が行われます。

中には、低血圧は治療が必要ないなどという先生もいるという話ですので、低血圧症の治療に実績のある病院を選んだ方が良いかもしれません。

全国の低血圧症を診察する病院・クリニック

 

こちらもお読みください


PAGE TOP