二の腕のブツブツを消す方法

二の腕のブツブツは何なんでしょう

二の腕の毛穴が盛り上がって、鳥肌のようにブツブツしていることがありますね。気になるこのポツポツの正体は何でしょう。

実はこれは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とか、毛孔角化症(もうこうかくかしょう)とか呼ばれる皮膚病の一種です。俗に「サメ肌」と呼ばれるのは、この病気か魚鱗癬という病気のことが多いようです。

通常、肌の表面の角質は、新陳代謝に伴って、アカとして剥がれ落ちるのですが、うまく取れずに、毛穴に角質と皮脂が混ざり合った角栓が詰まってしまうと、丘疹(きゅうしん)と呼ばれる、ブツブツした小さな盛り上がりができるのです。毛穴にできるので、ブツブツのところに産毛が生えていることもあります。

痛みはないですが、たまに、少しかゆいことがあるようです。放置していても、特に問題が生じることもありませんし、他人に移ることもありませんが、色が茶褐色になることもあります。病気というより、ただの生理現象ではないかという人もいるくらいです。

思春期の頃に多くできて、30歳過ぎくらいから減ってきますが、いつまでも治らない人もいます。発症率は、男女で大差ありませんが、女性の方が気にして、治療を受けたりするので、女性の病気のイメージがあります。

 

ブツブツが出来る原因

はっきりした原因は分かっていませんが、遺伝的要因が強いといわれます。

また、ホルモンバランスの乱れや肥満も関係していると考えられています。

 

毛孔性苔癬のケア

スポンサードリンク

毛孔性苔癬は、放置しても命に関わるような病気ではないですが、いざ治そうとすると、結構てごわいですね。

できてしまったら、次の様なことに注意しましょう。

こすらない

気になって、お風呂で体を洗うときにゴシゴシこすったりしても、硬い角栓は取れませんし、色素沈着して黒ずんだりするのでやめましょう。カミソリでむだ毛処理をするのも、悪い刺激となるので避けましょう。

潰さない

盛り上がったところを無理に潰すと、シミができたり、クレーター状の跡が残ったりします。

保湿する

顔や手に気を取られて、二の腕の保湿まで気が回らないことも多いですが、乾燥すると肌が角化して、悪化するので、良く保湿しましょう。

入浴後はもちろん、肌が乾燥したと感じるたびに、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸を配合した次の様な製品でケアしましょう。

紫外線対策をする

紫外線に当たると、肌が乾燥して、毛穴が詰まりやすくなり、治りにくくなったり悪化したりします。UV対策をしましょう。

肌に良い栄養を取る

肌の新陳代謝を促す栄養素は、ビタミンA、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セラミド等です。これらをバランスよく取るようにしましょう。

質の良い睡眠を取る

夜の10時から夜中の2時の4時間は、成長ホルモンが多く分泌されて、新陳代謝が活発になる、「お肌のゴールデンタイム」です。10時に就寝するのは難しいでしょうが、可能な限りこの時間は寝て過ごすのが望ましいです。

軟膏を塗る

市販の軟膏を塗ってみましょう。

【第3類医薬品】ニノキュア 30g

毛孔性苔癬の治療

皮膚科や美容外科では、次の様な治療をします。

皮膚科

皮膚科では、主に軟膏を処方されます。角質を柔らかくしたり、変色した箇所を元に戻したり、保湿効果がある薬などが、症状に合わせて出されます。

美容外科

美容外科では、比較的早く効果が出る処置を行いますが、基本的に保険が適用されないので注意しましょう。

ケミカルピーリング

皮膚に薬剤を塗りつけてから、それを剥がすときに、表面の角質を取り除きます。その後、皮膚が新陳代謝によってきれいに生まれ変わるというわけです。効果は一時的なので、定期的に行う必要があります。

塗り薬

皮膚の新陳代謝を促す薬を塗ります。

レーザー治療

ブツブツの箇所にレーザーを当てて、目に見えないような極小の穴をたくさん開け、そこに新しい皮膚が生まれてくるようにします。5回ほど通院する必要があります

ダーマローラー

極細の針が付いたローラーを肌の上で転がして、小さな傷をつけて、意図的に炎症を起こさせます。傷が治ってくると、新しい皮膚が生まれて来ます。5~6回、施術する必要があります。

 

こちらもお読みください


PAGE TOP