口唇ヘルペスを早く直すには

2016年12月31日

口唇ヘルペスとは

ヘルペスとは、水ぶくれが集まったもののことです。口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルスによって、唇や口のまわりに水ぶくれができる急性の炎症性皮膚病です。「熱の華」や「風邪の華」といわれるときもあります。

子供のうちに感染した場合は、軽い症状で済むことが多いのですが、大人になって初めてなったときは、水疱がたくさんできて、あごのリンパ節が腫れたり、高熱が出たり、頭痛がしたりして重症化しがちです。昔は子供の時に感染する人が多かったのですが、最近では、衛生状態の改善や核家族化等によって、大人になってからなる人が増えてきました。

再発の場合は、免疫ができているので、一カ所だけにできて、それ程重くはならないことが多いです。

 

口唇ヘルペスができてから治るまで

まず、唇のあたりに、ピリピリするような変な感覚があったり、かゆかったり、熱っぽかったり、喉が痛んだりという前兆があります。

半日ほどで、その部分が赤く腫れてきます。

2~3日経つと、その部分に水ぶくれができます。小さな水ぶくれが合わさって大きな水ぶくれになることもあります。水ぶくれは、再発を繰り返すうちに、段々小さくなってきます。

水ぶくれはやがてかさぶたになり、2週間ほどで口唇ヘルペスは治ります。

いったん治っても、ヘルペスウィルスは、こめかみ近くの三叉神経節という神経細胞に一生残っています。これを、「潜伏感染」といいます。そして、風邪を引いたり、疲れたりして、体力が落ちたときに、ウィルスが三叉神経節から唇の方に移ってきて再発を繰り返すことが多いのです。

 

口唇ヘルペスになる原因

スポンサードリンク

口唇ヘルペスは、他人からヘルペスウィルスが感染してできます。ヘルペスウィルスは、感染力が強いので、発症している人と直接的な接触がなくても、食器やタオルなどからも感染します。咳やくしゃみで感染することもあります。

なお、いったん口唇ヘルペスが治った人の場合、ヘルペスウィルスが神経細胞に残っていても、他人に感染することはほとんどありません。

 

口唇ヘルペスができたら

気になってつい触ってしまいますが、指先にウィルスがつくと、性器など自分の体の他の部分にヘルペスができたり、他人に移ったりするので我慢しましょう。うっかり触ってしまったら、良く手を洗ってください。

いじっている内に水ぶくれが破れたりすると、大量のウィルスがでてきて大変なことになります。

タオルや食器は、良く洗い、他人と共有しないようにしましょう。

マスクをして、他人に移さないようにしましょう。ただし、マスクを着けっぱなしにしていると非衛生的で治りが悪くなるので、必要が無ければ外す・再使用するときは良く洗う等の配慮をしましょう。

他人の目が気になるときは、パッチを当てて隠す方法もあります。

Compeed Cold Sore Patch 15 Patches

市販の塗り薬もありますが、再発時専用で、初めての発症時には使用できません。購入時に、再発であることの確認を求められます。代表的なものは次の製品です。

 

再発を予防するために

規則正しい生活や充分な睡眠で、免疫力を高めておきましょう。

→参考記事:免疫力をアップさせましょう

栄養のバランスのとれた食事をしましょう。

口唇ヘルペス対策のリジン等を配合したサプリメントを活用しましょう。

なるべく紫外線を浴びないようにUV対策をしましょう。

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア作用が低下していて感染しやすいので、特に注意が必要です。

 

口唇ヘルペスと間違えやすい病気

口のまわりに炎症ができて、口唇ヘルペスと間違えやすい病気には、次の様なものがあります。

口角炎

口の端の口角に炎症ができて、切れ目ができたり、ただれたり、腫れたり、血が出たりして、口を開けにくくなります。皮膚にいるカンジタ菌が、免疫力が低下しているときに活発になってかかると言われます。ヘルペスと違って水ぶくれはできません。

接触性皮膚炎

皮膚に刺激物が接触して、赤いブツブツや皮膚の盛り上がり、水ぶくれ等ができる湿疹の一種です。口紅・リップクリーム・歯磨き粉・洗剤・塗り薬・果物等へのアレルギーでなります。

尋常性天疱瘡

唇や口の中に、突然水ぶくれができる病気です。水ぶくれは直ぐに破れて、なかなか治りません。

薬疹

ある一定の薬を服用するたびに、唇と皮膚との境界や手足に、赤い発疹や水ぶくれができる症状です。引き起こす薬は、人によって違います。

 

 

ヘルペスの治療

ヘルペスの症状がひどかったり、再発を頻繁に繰り返す場合は、皮膚科や内科で診てもらいます。

塗り薬や飲み薬を処方されます。始めてかかって症状が重い場合などは、注射をすることもあります。薬で神経細胞に隠れているヘルペスウィルスを除去することはできませんが、症状は軽くなります。

 

こちらもお読みください


    口内炎とは 口の中に、白い膜のようなものができて、そのまわりに赤く炎症ができて痛むのが口内炎です。 食事をしたり、歯を磨…


    ドライマウスはどんな症状でしょう ドライマウスとは、口の中の唾液の分泌が減って、 口の中が乾くことで、さまざまな症状が引…


    猫背とは 背骨は、首からお尻まで伸びていますが、本来、Sの字のように湾曲しています。 胸の部分はもともと後ろに曲がってい…


    背中ニキビの原因 背中ニキビの大きな原因の一つが、肌の乾燥や睡眠不足・疲労と言った肉体的なストレスと、精神的なストレスで…


    家のまわりのダニ ダニは、昆虫と思っている人もいますが、クモやサソリと同じ仲間です。(節足動物クモ綱) ダニのうち、人家…


PAGE TOP