腱鞘炎の原因・症状や改善する方法、間違えやすい病気は?

2017年2月24日

腱鞘炎とは

腱とは、筋肉の力を骨に伝える紐状のものです。腱鞘は、その腱を通すトンネルのようなものです。

何らかの原因で、腱鞘が炎症を起こして腫れると、腱が腱鞘の中をスムーズに通れなくなります。

この状態で、腱を動かすと痛みが発生します。これが腱鞘炎です。

腱の短い人がなりやすい傾向があります。

出典:健康生活

 

腱鞘炎の種類

腱鞘炎には次のような種類があります。

 

ばね指(弾撥指:だんぱつし)

指の腱が、腫れた腱鞘に引っかかって動かないのを無理に通すと、すぽっと抜けて、指がぴくっとバネのように弾けて動きます。この状態をばね指と言います。

50代の女性に多く見られます。

 

ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

手首の親指側にある腱鞘に炎症が起きて、腫れ上がり、親指から伸びている2本の腱が動きづらくなって、痛みが出る症状です。

スイスの医師ド・ケルバンが報告したのでこう呼ばれます。

 

スマホ腱鞘炎

最近では、スマートフォンの使いすぎで腱鞘炎になる人が増えてきました。

従来の腱鞘炎と同じ症状ですが、スマホが原因なので、特に「スマホ腱鞘炎」ということがあります。

 

テニス肘

いわゆるテニス肘(上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎)も一種の腱鞘炎です。

 

腱鞘炎の初期症状

スポンサードリンク

次のような症状が出たら、腱鞘炎になりかけている可能性があります。

 

手首や指の動かしにくさ

腱鞘炎の初期では、痛みはないけれども手首や指を動かしにくいとか、こっているとか、だるいとかという不快な感じがすることがあります。

痒みを感じる人もいます。

 

手首の腫れ

腱鞘炎では、手首が腫れたり熱を持つことがあります。

 

関節が鳴る

指や手首を動かすたびにボキボキと鳴る場合、腱鞘炎の可能性があります。

 

一瞬の痛み

手を使って何かをしているときに、一瞬刺すような痛みが走ってすぐに消えるのも腱鞘炎の初期症状の恐れがあります。

 

漠然とした痛み

手のあたりが痛いけれども、具体的にここと特定できない場合があります。

 

指が勝手に曲がる

ばね指の場合、曲げるつもりはないのに、指が勝手に曲がることがあります。

 

腱鞘炎の進行した症状

腱鞘炎が進行してくると、次のような症状がでます。

 

常に痛む

手を動かしているときはもちろん、手を動かしていないときも、ズキズキとした痛みがあったり、熱を感じたり、腫れぼったかったり、不快感があったりします。

 

痛む箇所がはっきりする

痛む部分が絞れてきて、そこを押すと痛みます。

ばね指の場合は、指の付け根の手のひら側が、ド・ケルバン病の場合は、親指の付け根から手の甲にかけて痛みます。

手を動かしているときも、その部分が痛みます。

さらに進行すると、痛みのせいで、日常生活が困難になったり、何もしていなくてもその箇所が痛んだりします。

末期的になると、神経が麻痺して、痛みを感じなくなることもあります。

 

フィンケルシュタインテスト

ド・ケルバン病かどうか自分で判断するテストがあります。

・親指を上にして、腕を真っ直ぐ伸ばします。

・親指を内側にして、残りの4本の指を曲げてこぶしを作ります。

・そのまま手首を下に曲げます。

このとき、親指の付け根や手首が痛んだら、ド・ケルバン病の可能性が高いです。

 

腱鞘炎の原因

手指の使いすぎ

キーボードの打ち過ぎ・マウスの使いすぎ・字の書きすぎ・手指を使うスポーツのやり過ぎなど、手を酷使することでなります。

手首を使いすぎると、肘にも負担がかかり、テニス肘になることがあります。

また、産後の女性が赤ちゃんを抱っこしているうちに、不自然な姿勢で体に負担がかかることと、次に述べるホルモンバランスの乱れが重なって、腱鞘炎になることが多いのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのエストロゲンには、腱細胞を増やしたり、ダメージを受けた細胞が修復するのを助けたりする働きがありますが、出産後や更年期の女性は、エストロゲンが減少するため、腱鞘炎になりやすいのです。

 

糖尿病

糖尿病の場合、直接腱鞘炎を引き起こすわけではありませんが、血行不良により、筋肉が弱り、結果的に腱鞘炎になる可能性が高くなります。

 

腱鞘炎と間違いやすい病気

手や指に痛みを感じる病気は、腱鞘炎以外にも色々あります。

正確な診断は、医師に任せましょう。

 

関節リウマチ

朝起きたときに、手の指の関節が動かしにくいことがあります。また、手首や指の関節が痛んだり、腫れたり、熱を持つこともあります。

 

頸椎神経の圧迫

加齢により、頸椎が変形して神経根を圧迫して、手足が痛んだりしびれたりすることがあります。

 

痛風関節炎

痛風によって、足の指の関節以外に、手の指の関節が痛むことがあります。

 

キーンベック病

手首が痛んだり腫れたりします。握力が弱まることもあります。

 

ガングリオン

手の甲や関節・手首の関節などに、透明なゼリー状の物体がたまって、しこりになる物です。痛みはないことが多いですが、神経のそばにできると痛みます。

出典:ガングリオンとは

 

手根管症候群

人差し指と中指に痛み・しびれ・違和感などが生じ、やがて全部の指が痛むようになります。

出典:指先や手がしびれる「手根管症候群」の症状と治療法!

 

変形性関節症

関節が痛んだり腫れたりして、やがて関節が変形してしまう病気です。

 

ヘバーデン結節

指の第一関節が変形して曲がってしまう病気です。痛みが伴うこともあります。

 

腱鞘炎のセルフケア

腱鞘炎の場合、自分でできるケアには次のようなものがあります。

 

手を休ませる

一番の治療法は、とにかく手を休ませることです。

サポーター等で、手首を固定するのも良いですね。

 

アイシング

初期の腱鞘炎の痛みを抑える場合、炎症の箇所を冷やすのが効果的です。

氷水をいれたビニール袋をタオルで包んで患部にあてがうとか、保冷剤を使うなどして冷やします。

ただし、痛みが治まったら、使い捨てカイロや洗面器に張ったお湯などで温めてください。

 

痛み止めを使う

湿布剤を痛いところに張って、痛みを和らげます。

ド・ケルバン病の湿布の場合、手首より肘の裏にした方が効果的であると言われます。

ストレッチをする

ストレッチも効果があります

 

ツボを押す

ツボ押しもやってみましょう

産後の腱鞘炎の場合はこちらを試してみましょう

 

PC作業の注意点

パソコンで作業をするときは、猫背になりがちですので、背を伸ばしましょう。

ときどき休憩を取って、手を休め、上の動画にあるようなストレッチやツボ押しをしましょう。

手に負担をかけないよう、次のような物を使ってみましょう。

 

 

 

腱鞘炎の病院での治療

腱鞘炎がひどくなって来たら迷わず病院に行きましょう。

整形外科を受診しましょう。

次のような治療法があります。

 

ステロイド注射

ステロイド剤に局部麻酔薬を混ぜた物を注射します。劇的に効くときもあれば、人によって効かないこともあります。また、定期的に打つ必要があり、副作用もあるので、医者とよく相談しましょう。

 

外用薬

湿布薬や軟膏を用います。

 

内服薬

鎮痛剤や、神経再生作用のあるビタミンB12の錠剤等を処方されます。

 

理学療法

レーザー療法

レーザー光線で、腱鞘炎の炎症を鎮めます。痛みや出血はないのですが、効果は一時的です。

温熱療法

マイクロ波治療器や赤外線治療器で温めて、血行を良くして炎症を鎮めます。即効性がないので、通院し続ける必要があります。

マッサージ

これも、血行を良くするため行われますが、即効性はありません。

切開療法

患部を切開して、腱鞘を切り開き、腱への圧迫を取り除きます。

他の療法を行ってもなかなか良くならない場合の最終手段です。

 

その他の治療機関

整骨院・カイロプラクティック・鍼灸院等でも腱鞘炎に対応してくれるところがあります。

 

こちらもお読みください


PAGE TOP