プーアール茶のすごい効能-ダイエットはもちろん、あれもこれも

2017年4月25日

プーアール茶とは

プーアール茶は、「プーアル茶」「ポーレイ茶」とも呼ばれますが、ここでは、プーアール茶で統一します。

中国・雲南省のプーアール県で採れたからこの名がつきました。プーアール県は、プーアール茶の産地としては衰えましたが、プーアール茶の集積地・市場として栄え、ここからチベット等に向かって、茶馬古道(ティーロード)が通じていて、中国の茶と遊牧民族の馬の交換が行われていました。茶馬古道は、第2のシルクロードとも呼ばれています。

 

プーアール茶の種類

プーアール茶には、熟茶と生茶があります。日本で普通、プーアール茶と呼ばれているのは、熟茶の方です。

熟茶とは、黒麹菌で発酵させたお茶という意味です。まろやかな味と陳香(ツンシャン)と呼ばれる独特の香りが特徴です。

日本では、緑茶のようなばらばらの状態(散茶)やティーバッグの形が多いですが、中国では、円盤状やブロック状に押し固めた緊圧茶と呼ばれる形で売られることが多いです。

プーアール茶の熟茶は、お茶の中でも、特にダイエット等の効果があると言われます。

これから述べるプーアール茶の効能は、主として熟茶のものを指しています。

 

生茶は、日本ではあまり見かけません。発酵させていないプーアール茶のことです。中国では、緊圧茶の形で売られています。

 

プーアール茶の効能

スポンサードリンク

ダイエット効果

脂肪の燃焼

中性脂肪は、そのままでは燃焼しにくいのですが、プーアール茶には、中性脂肪を、燃焼しやすい「遊離脂肪酸」の形に変化させる、リパーゼという酵素を増やす働きがあるのです。

 

脂肪の吸収をブロック

体内に取り込まれた脂肪は、胆汁と混ぜ合わせられて、小さな油滴になって消化・吸収されます。プーアール茶に含まれる重合カテキンと没食子酸は、胆汁の働きを制限して、脂肪が消化・吸収されるのを抑えてくれます。胆汁と混ざらなかった脂肪はそのまま体外に排出されます。脂肪分が吸収されないことは、ダイエットだけではなく、高血圧・心臓疾患・脳卒中などの、生活習慣病の予防にもつながります。

 

活性酸素の除去

プーアール茶に豊富に含まれているポリフェノールには、高い抗酸化力があります。つまり、余分な活性酸素を取り除いてくれるのです。

活性酸素は、殺菌作用が強く、ウィルスや細菌を退治してくれますが、増えすぎると、正常な細胞や遺伝子にも悪影響を及ぼし、癌や動脈硬化・高血圧をはじめとしてさまざまな深刻な病気を引き起こすといわれ、肌を老化させて、しわ・シミ・たるみなどの原因となります。

プーアール茶は、アンチエイジングにも役立つというわけです。

 

腸内環境の改善

プーアール茶に含まれているポリフェノールの一種の重合カテキンとミネラル類には、便秘解消作用があります。

また、ポリフェノールには、腸内の善玉菌を活発にして、腸内環境を整えてくれる働きがあります。さらに、血行を良くして、結果的に胃腸の働きが良くなるとされています。

 

むくみの解消とデトックス

プーアール茶に含まれるタンニンには、血流を良くして、新陳代謝を活発にし、体のむくみを取ってくれる作用があります。また、コレステロールなどの老廃物の排出を促進し、利尿作用を高めて、デトックス効果が期待できます。

 

美肌対策

プーアール茶に含まれるビタミンB2と重合カテキンには、肌を整え、きれいに保つ作用があります。

 

冷えの解消

発酵茶であるプーアール茶に含まれる酵素には、代謝を上げて、体温を保つ働きがあります。

また、ポリフェノールの抗酸化作用により、血液の循環が良くなり、冷えの解消につながります。

 

口臭予防

プーアール茶に含まれる重合カテキンには、口臭予防効果があるとされ、最近では、口臭予防グッズに使われることが多くなってきました。

 

二日酔い対策

二日酔いの時に、プーアール茶を飲むと、代謝が活発になって、アルコールによる血液の流れの滞りが解消され、とてもスッキリするといわれます。

国産の安心して飲めるプーアール茶です

茶流痩々

↑クリックお願いします

プーアール茶の飲む以外の活用法

プーアール茶には、脂肪を分解する働きと、抗菌作用があるので、プーアール茶の出がらしを、鍋や食器を洗うのに使うと、油汚れが落ち、清潔さが保たれます。

また、プーアール茶の出がらしで洗顔すると、抗菌作用で、ニキビや吹き出物を予防できるといわれます。

 

プーアール茶の効果的な飲み方

ダイエットのためにプーアール茶を飲むなら、食事中がお薦めです。

プーアール茶の、脂肪の吸収を抑える効果が一番発揮されやすい飲み方です。

 

プーアール茶の注意点

これほどいろいろな効能のあるプーアール茶ですが、だからといって、あまり飲み過ぎるとカフェインを摂り過ぎることになり、体にあまり良くありません。

特に、妊娠中・授乳中は、カフェインはあまり良くないと言われているので気をつけましょう。

 

こちらもお読みください


PAGE TOP