ファスティングダイエットの正しいやり方

2017年2月16日

ファスティングダイエットとは

ファスティングダイエットとは、短い期間、断食(ファスティング)を行うダイエット方です。

断食と言っても、全く何も食べないわけではなく、酵素ドリンクや水を飲みながら、無理なく内臓を休めて、体内環境をリセットします。

 

ファスティングダイエットの効果

ファスティングダイエットでは、ダイエット以外にも次の様な効果が期待できます。

デトックス効果

私たちの体には、有害物質を排出する働きがありますが、有害物質の量が多すぎると、排出しきれずに、体内にたまっていってしまいます。

しかし、ファスティング中は、カロリーがほとんどとれないため、足りないエネルギーを補給しようとして、体の脂肪が燃焼され出します。そして、脂肪の中にたまっていた有害物質も浮き上がってきて、体外に排出されます。

食欲の正常化

ファスティングをすると、これまで惰性でだらだら食べていたのが、食べることに自覚的になって、自分にとって必要なものだけを食べるようになったという人が多いです。

また、ジャンクフードのような濃い味付けが嫌になって、味覚が正常化することも良くあります。

頭脳の冴え

ファスティングをすると、これまで消化のために消化器に集まっていた血が、脳の方に回るため、頭脳が明晰になったり、感覚が鋭敏になったりと感じる人も多いです。

また、腸内環境が改善されて、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌され、精神的に安定することも多いです。

健康の向上

内臓が休息によって元気になり、血液がサラサラになり、免疫力がアップするので、便秘や肌荒れ、肩こり、倦怠感などが解消され、風邪などを引きにくくなったという報告も多いです。

 

一番手軽なファスティングダイエット法

スポンサードリンク

一番簡単にできるファスティングダイエット法は、寝る4時間前から何も食べないというものです。そして8時間しっかり睡眠をとり、12時間断食をするのです。

空腹で就寝すると、成長ホルモンの分泌も活発になり、それなりの体質改善効果が見込めます。

 

プチ・ファスティング法

朝・昼・晩のうち、どれか一食抜いて、その代わりに酵素ドリンクを飲むプチ断食も、割と手軽にできますね。

抜いた食事の代わりに、酵素ドリンクを少しづつ飲むのです。抜いた次の食事の時は、まず酵素ドリンクを少しのみ、一口目は20回以上よく噛みます。

 

本格的なファスティングダイエット法

本格的なファスティングダイエットは、次の3段階で行います。

準備期間

ファスティングをおこなう予定の期間と同じかそれ以上の期間を準備期間に充てます。

ファスティングを3日行うなら3日を、普段脂っこいものや甘いものを多く食べている人は、5~6日を、準備期間とします。

その間は、低カロリーの和食中心の食事を、腹七分目から八分目に抑えて食べます。

肉・甘いもの・卵・ファーストフードなどは避けましょう。

ゆっくりとよく噛んで食べるようにします。

タバコ・お酒・カフェイン・牛乳・間食は控えます。

できれば、夜の8時までに食事を終えるようにします。

ファスティング本番

通常の食事をしない期間です。最初は1日から始めて、慣れるに従って、2日、3日と長くしていきましょう。4日以上のファスティングは、指導者の下で行わないと危険です。

ファスティングをすると、眠気・だるさ・頭痛・微熱・下痢などの好転反応がでることもあるので、ゆっくり過ごせる週末や連休などを利用した方が良いでしょう。

ファスティング中は、酵素ドリンクと水だけを飲みます。水は1日に2ℓほど飲むのが望ましいですね。

断食道場が開発した、安全にファスティング期間を過ごせる栄養素を含んだ酵素ドリンクは、こちら(←クリックお願いします)で紹介しています。

ファスティング中に運動を取り入れると、効果が高まりますが、決して無理をしないでください。

ファスティング期間が1日の時は、筋トレ中心に行うのが良いでしょう。

ファスティングを3日行う場合は、ウォーキングや軽いジョギング等の有酸素運動を中心にしましょう。筋トレなどの無酸素運動をやり過ぎると低血糖状態になることがあります。

どちらにしろ、激しい運動は避けましょう。

お風呂は、ぬるめにして、長く入らないようにしましょう。サウナはやめておきましょう。

復食期間

ファスティング終了後、通常の食事に戻すには、ファスティング期間と同じだけの時間をかけます。

3日かけて戻す場合、ファスティングが終わった次の日の朝は、重湯(おもゆ)を食べます。

重湯とは、大量の水を加えて作った薄いおかゆの上澄みです。離乳食に使われますね。

お昼と夜には、おかゆと具のない味噌汁くらいが良いですね。

2日目は、おかゆ、納豆、ヨーグルト、ポタージュ、サラダ等、少しずつ固形食に近づけます。

3日目は、少なめのご飯、豆腐、野菜の煮物など、もうすこし普段の食事に近づけます。

復食期間は、準備期間同様、肉・卵・牛乳・お酒・菓子・カフェイン・タバコ・刺激物等は避けてください。

よく噛んで食べるようにします。

1日ファスティング後、1日で戻す場合は、次の様な献立が良いでしょう。

朝:重湯、野菜スープ等

昼:おかゆ、味噌汁、野菜の煮物等

夜:肉や高カロリーのものは避けた普段の食事。ただしご飯は少なめ。

 

ファスティングダイエットの注意点

ファスティングダイエットを行うときは、次の様な点に注意しましょう。

注意を守らないと、リバウンドしたり、体調を崩したりします。

準備と復食には、必ず、決められた日数をかける。

◎体調の良くないときには行わない。

◎女性は、生理直後から1~2週間の痩せやすい時期に行う。生理前から生理中はお薦めできない。妊娠中や出産直後は避ける。

◎18才未満の人、60歳以上の人は、やめておいた方が良い。

◎持病があって薬を飲んでいる人は、医者と相談する。

 

こちらもお読みください


PAGE TOP