アンチエイジング, 加齢, 女性の身体, 持病・体質改善

骨粗鬆症とは

人間の骨は、日々、古くなったところを溶かして、新しく作られたものと入れ替えて、再生しながらその姿を保っています。これを骨代謝といいます。

新しく作る作業が追いつかなくなると、骨がスカスカになってしまいます。

アンチエイジング, 持病・体質改善, 疲労とストレス

免疫力とは

免疫とは、外から人体に入り込んでくる、病原菌のような有害なものを排除する働きです。

自分の体の中に生じた、がん細胞のような好ましくないものを排除する作用もあります。

免疫力とは、そのように、身体に害に ...

アンチエイジング, 加齢

認知症と物忘れの違い

誰でも、60歳を過ぎる頃から、記憶力が衰えてきますが、通常の記憶力の衰えによる物忘れと、認知症の違いはどこにあるのでしょう。

単なる物忘れの場合、自分が何かをしたことは覚えていますが、その内容が思い出せ ...

アンチエイジング, 加齢, 持病・体質改善, 男性の身体

加齢臭とは何でしょう

加齢臭は、化粧品メーカーの資生堂が2000年頃に、原因物質「ノネナール」を発見して名付けました。

それまでは、漠然とオジサンは独特の臭いがする程度に思われていたんですね。

ノネナールは、肌の ...

アンチエイジング, 加齢, 女性の身体, 美容

ほうれい線はどうしてできてしまうんでしょう

ほうれい線は、鼻の脇から口元に走る、

左右2本のしわのことです。

ほうれい線があると、5歳から10歳老けて見えるといわれます。

 

ほ ...

アンチエイジング, ヘアケア, 加齢, 美容

どうして白髪になるの

髪の毛の、皮膚の表面より上の部分を、「毛幹」と呼び、表面より下の部分を、「毛根」と呼びます。

毛根の一番下の膨らんだところを「毛球」といい、毛球の一番先端にある毛乳頭で、毛細血管から栄養を取り込んで髪の ...

PAGE TOP