白内障の症状は?予防できる?治療法は?

白内障はどんな病気?

眼の黒目の部分は、「角膜」と言われますが、その真中の瞳の部分が「瞳孔」(どうこう)です。瞳孔のすぐ内側にあって、入ってきた光を、レンズのように屈折させるのが「水晶体」(すいしょうたい)です。

水晶体は、タンパク質と水からできていて、元々透明なのですが、水晶体の中のタンパク質が白く濁ってくる病気が「白内障」(はくないしょう)です。

白内障になる原因

加齢

白内障の原因で一番多いのが、加齢によるものです。40代からなる人が出始めて、50代で約4割、60代で約7割、70代で約9割、80代ではほぼ全員が白内障に罹るといわれます。

なかには、先天性の白内障の人もいて、幼児期等に発病します。

糖尿病

糖尿病にかかっていると、水晶体が白濁して白内障になることがあります。ただ、詳しいメカニズムはまだ分かっていません。

糖尿病による白内障と加齢による白内障が同時に起きる人も多いのです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の合併症の一つに、白内障があります。

20歳前後の人に多く現れます。

アトピーがどうして白内障の原因になるのか、はっきりとはわかっていませんが、目の周りが痒いので、つい掻いたりして、眼球を傷つけてしまうからではないかと考えられています。

また、アトピーの治療に使われるステロイド軟膏を眼の周りに塗っていると、皮膚が薄いので体内に吸収されて、「ステロイド白内障」と呼ばれる症状がでることがあります。

外傷

卓球のボール程度の大きさのものが目にあたったり、何かが刺さったり、殴られたりして、水晶体が傷つくと、白内障になることがあります。

すぐには症状が出ないことも多く、場合によっては10年以上経ってから症状が現れることもあります。

強度の近視

強度の近視の人は、若くても白内障になる傾向があることが、統計的に確かめられています。

白内障の症状

スポンサードリンク

白内障の初期では、特に自覚症状がないことが多いのです。特に、片方の眼に問題があっても、脳がもう一方の眼でカバーして正常に見えるので気づきにくいのです。痛みもないので(白内障による眼精疲労で目の奥が痛むことはありますが)、さらに気づきにくくなっています。

白内障が進行してくると、眼がかすむ、ものがぼやけて見えたり二重三重に見える、遠くが見えにくくなる、光を眩しく感じるなどの症状が現れます。

白内障の予防

白内障は、初期には自覚症状がないことが多いので、40歳を過ぎたら、年に一度は眼の検査を受けましょう。

また、ときどき、片目を閉じて、もう片方の眼だけでものをみて、異常がないか確かめましょう。

日常生活では、紫外線が目に入らないようにすることが大切です。日中の外出はなるべく避ける、つば広の帽子やサンバイザーをかぶる、UVカット効果のあるレンズを使ったメガネやサングラスをかけるなどの対策を取りましょう。太陽が高く昇っているときは帽子やサンバイザーが、低い位置にあるときはUVカットメガネやサングラスが有効です。

食事では、抗酸化作用のある「ルテイン」「アントシアニン」「ビタミンC」「ビタミンE」を含むものを積極的に取りましょう。緑黄色野菜などが良いですが、サプリで補給することもできます。

喫煙すると、体内のビタミンCが大量に破壊されてしまうので、避けるようにしましょう。

白内障の治療

初期の、日常生活にあまり支障のない段階では、薬(点眼薬・内服薬)で進行を遅らせる治療をします。

白内障の治療薬は、医師の処方箋がないと手に入りませんので、眼科医の診断を受ける必要があります。

症状が進行して、日常生活に支障が出るようになると、手術をする必要があります。

白濁した水晶体を取り除いて、その代わりに、レンズの役割をする人工物(眼内レンズ)を埋め込みます。

手術自体は、10~20分程度で済みますし、通院できて家族のサポートがある場合は、日帰り手術も可能です。

いったん入れた眼内レンズは、通常、一生使えます。

最近では、両眼共に白内障になっている場合、同時に手術をすることも増えてきましたが、術後はしばらく両眼ともぼんやりとしか見えないなどのデメリットもありますので、医者とよく相談しましょう。

また、糖尿病が原因となっている人は、糖尿病の治療をして血糖値を安定させてから手術をしないと、何らかの合併症を起こすこともあります。

白内障は、いったん発病すると、自然に治ることはないので、早期発見に努めましょう。

 

こちらもお読みください


PAGE TOP