口臭を何とかする方法を大公開

口臭の元は何でしょう

口臭の元は、口の中の

「揮発性硫黄化合物」というガスであると言われます。

揮発性硫黄化合物は、「硫化水素」「メチルメルカプタン」

「ジメチルサルファイド」の3つが合わさって生じます。

口臭の原因によって、その3つの割合が違い、

口臭の違いが生じるのです。

 

口臭の原因による区分

口臭は、その原因によって大きく二つに分けられます

生理的口臭

舌の上に残った食べかすや、口の中の死んだ細胞が原因で起きるもので

健康な人にもあります。

ニンニクやアルコール等の、食べたり飲んだりしたものの臭いのせいということもあります。

タバコのタールやニコチン、一酸化炭素も口臭の元となります。

コーヒーなどのカフェイン飲料は、交感神経を刺激して、

唾液の出を悪くして、口臭の原因となることがあります。

揮発性硫黄化合物の成分の比率は、

硫化水素5にたいしてメチルメルカプタン3程度です。

ジメチルサルファイドはほとんど含まれていません。

卵の腐ったような臭いと表されることがあります。

 

病的口臭

歯周病・虫歯・胃腸病などの体の不調から来る口臭です。

硫化水素1に対して、メチルメルカプタン5の割合と言われます。

胃腸の具合が悪いときは、ジメチルサルファイドが発生します。

玉ねぎの腐ったような臭いと言われます。

唾液不足

ストレス等で唾液の出が悪くなると、口の中の

食べかす等が洗い流されずに、口臭がでます。

寝起きに口臭がするのも、寝ている間はあまり唾液が出ないからです。

また、唾液不足の時に甘い物を食べると、良く分解されないで、

口臭を悪化させることがあります。

 

歯周病

歯周病は、歯と歯茎の境目に細菌が溜まり、

歯茎が炎症を起こしたり腫れたりする病気です。

そのうち、歯と歯茎の間に、歯周ポケットと言われる

隙間が出来てきます。

この歯周ポケットに溜まったプラークから、メチルメルカプタンが発生するのです。

さらに症状が進んで膿が溜まると、それも口臭の原因になります。

 

虫歯

虫歯に開いた穴に、食べかす等が溜まって、

細菌が増殖し、口臭が出ることがあります。

 

舌苔

舌の上に白く溜まった物質を舌苔ぜったいと言います。

舌の表面の角質の隙間に、汚れや細菌が溜まり、

白い苔のように見えるのです。

ここから硫化水素が発生します。

 

胃腸の不調

胃腸の調子が悪いと、食べた物が良く分解されずに

臭いの原因となる物質が血液に入り込み、

それが血流で肺に運ばれて、息に混ざって

口臭の原因となります。

また、腸の中に悪玉菌が多いと、腸の中のものが

腐敗しやすく、口臭の原因になると言われます。

 

薬の副作用

抗うつ剤・降圧剤・利尿剤等、いくつかの薬は、

副作用として唾液の分泌を悪くして、

口臭を発生させます。

気になる人は、処方してくれる先生に

相談してみましょう。

 

自臭症

本当は口臭がないか僅かなのに、自分は口臭がひどいと思い込む

恐怖症の一種の場合があります。

 

口臭の確認法

スポンサードリンク

自分の口臭は、なかなか自分ではわかりにくいし

他人にも聞きづらいですね。

自分の口臭を確かめる方法を解説します。

マスクを使う

鼻まですっぽりマスクで覆います。

マスクで密閉すると、自分の唾液の臭いを

確認しやすくなります。

唾液が臭いと、口臭がする可能性が高いです。

 

コップを使う

コップを口にあてて、息を吐き入れます。

それを嗅ぐと、自分の口臭の見当がつきます。

 

口臭チェッカーを使う

センサーで口臭の度合いを判定します。

 

口臭の改善法

口の中を洗う

水を飲んで口の中を洗い流すだけでも

思った以上の効果があります。

口の中の隅々まで水を届かせるように

ゆっくりと水を飲みましょう。

水を飲むことで、胃腸の老廃物も排出されやすくなります。

 

食べ合わせに注意

口臭の原因となる、コーヒー・タバコ・甘い物を

同時に口に入れると、さらに口臭がきつくなるので

避けるようにしてください。

どうしても止められなければ、こまめに水を飲みながらにしてください。

 

疲れやストレスを溜めない

疲れやストレスは、唾液の分泌を抑え、

口臭の原因になります。

 

歯周病・虫歯の治療をする。

初期の歯周病には、乳酸菌が効果があると言われます。

そのため、専用の乳酸菌サプリを試してみましょう。

ある程度進んだ歯周病は、歯医者で治療するしかありません。

虫歯も自然治癒はしないので、歯医者に行きましょう。

 

舌苔を取る

舌苔自体は、病気ではありませんが、

口臭の原因を取り除くために、

クリーナーでキレイにしましょう。

 

口臭に良いものを食べる

生野菜や玄米は、食物繊維が豊富なので、

腸の善玉菌を増やしてくれます。

また、よく噛む必要があるので、

唾液の分泌を活発にしてくれます。

リンゴは、食物線維に加えて、

口臭に効くとされるポリフェノールやリンゴ酸を含んでいます。

乳酸菌は、初期の歯周病に良いとされるので、

ヨーグルトを歯磨き粉として使うのもオススメです。

レモンは、殺菌効果があって、口の中の雑菌を抑えてくれるとともに、

クエン酸が唾液の分泌を促してくれます。

 

サプリを飲む

口臭予防を目的としたサプリには、

それなりの効果があるようです。

 

口臭外来での治療

自分の口臭がどうしても気になる人は、

口臭外来を受診するのも一つの選択肢です。

口臭を診てくれるクリニック

 

口臭外科では、問診の後、専門の機械による口臭測定・

口腔内検査・舌診・唾液検査・尿検査などを行います。

その結果に基づいて、治療や食生活指導等を行います。

身体的問題が無い場合は、口臭恐怖症(自臭症)の可能性もあるので、

心理カウンセリングをすることもあります。

口臭外来は、保険が効かないので、あらかじめ承知しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもお読みください


PAGE TOP